にんにく生産 2022年

2022年11月12日 ひと月経過

目次へ戻る

植付けからひと月過ぎました。
ただ今、根元の除草作業を行っていますが、やっと西側の部分が終わって、東側に手を付けたところ。
圃場の東側の畝が色濃いのは根元に雑草が生えているから。
生育状況は、全体的に良好な状態を保っています。



圃場西側



圃場東側



ドンドン伸びてくる根元の雑草

11月1日に雨が降って以降ずっと晴天続き、本日(13日)久しぶりの雨で潤いを取り戻したようです。
根元の雑草の勢いが強いのでなるだけ早く除草したいのですが、圃場の東側が終わるのは20日位になりそうです。
そうすると、今度は西側の畝や通路に雑草が生えてきていてまた繰り返し、エンドレスな除草作業が待っているのであります。

福地ホワイトは、葉の成長はほぼ止まり、幹(茎)の方がゆっくりと成長するような様子です。

赤玉にんにくは、だんだんと葉に勢いが出てきたようで、これから寒くなるにつれピンと伸びてきます。

葉にんにく専用種は、葉の幅が広く長く垂れ下がるようになって来ました。
幹(茎)の部分がもう少し伸びてくるようになれば出荷できる状態になります。
早く植付けた分で、月末前頃に出荷できるかもしれません。

圃場東側の土佐にんにくは、やっと根元の雑草を取り除く作業を始めたところです。
生育状況は良好、早く雑草を取ってあげなくちゃ。

2022年10月30日 半月経過

目次へ戻る



全体的に葉が出揃って伸びてきました

今年は植付け期間が長かったので、植付けた日によって生育具合はマチマチですが、最後の土佐にんにくを植付けた日から半月を過ぎました。
土佐にんにくの植付け以降、晴天続きで三週間ほど雨が降っていないのですが、問題なく順調に育っています。

今は、西側の畝通路の除草を終え、東側の畝通路を除草しているところです。
畑の乾燥した様子がお分かりいただけるのではないでしょうか。
二日後の11月1日に雨が降る予報なので、ホッとしています。
降雨後には、雑草も一気に伸びてきて、畑の様子も変わってくると思います。

福地ホワイトは、植付けから1ヶ月ほど経過しました。
葉の成長は一段落して、幹(茎)の方がだんだん太くなってきています。

赤玉にんにくもほぼ一ヶ月を経過して、だんだんと足並みが揃って来ました。

葉にんにく専用種は、一ヶ月に満たないものがほとんどですが、揃ってグングン成長しています。
この調子だと、早く植付けた分は12月前に出荷できるレベルになるかもしれません。

土佐にんにくは、半月を経過して15cmほどに揃ってきました。
1列5穴、抜けがなくほぼ揃って芽立っていて、発芽状態はかなり良好です。

2022年10月13日 植付け終了

目次へ戻る



スコーンと晴れた青空のもと、植付けは無事終了!

中断していた畝立てを再開できたのが10月4日。
その後多少の雨はあったものの、何とか晴天が続いてくれて、無事に今年も植付けが終了しました。
思わぬ畝立て機の故障でこの10月の3連休も家族を緊急動員、家族の休日を潰すことになってしまったのであります・・・。
ここに大いなる感謝を捧げたいと思います。

今年の植付けは、西側の畑に福地ホワイト、赤玉にんにく、葉にんにく専用種、そして東側の畑には土佐にんにを植付けています。
作業期間が長く掛かったので、先に植付けた西側の畑では既に発芽しています。
畝通路にも厄介な雑草が生え始めてきました。

最初に植付けた福地ホワイトは、順調に発芽して、25cmほどに伸びています。
根元の雑草も除いてスッキリ、といったところ。

赤玉にんにくは、比較的発芽の遅い品種なので今の発芽状態は疎らに見えます。
来月半ば頃には、足並みが揃って来ます。

葉にんにく専用種は、ほぼ揃って発芽します。
発芽するとすぐに葉が伸びてくるので、もう20cmほどになりました。

2022年9月28日 植付け作業中

目次へ戻る

9月21日に元肥を打込んでから雨が降り、地面が乾くのを待って作業が少し進んだら、また雨。
地面が乾くのを待って少し作業が進んだら、またまた雨というパターンの繰り返しであります。

やっと晴れ間が2日ほど続いた3連休の最終日の25日。
動員した家族の手前、何とか一畝だけ立ててはみたものの地面の乾きが不充分だった。
畝はかなりデコボコ、それでも何とか無理して植え付けてみた。
ハアッ~、何だか溜息交じり。

翌26日、ほぼ地面が乾いたので、トラクターを入れてから、畝立て機の通る目印の線を歩いて地面に刻んだ後、機械を走らせて畝を立てていました。
順調かつスムーズに4列目を終えて、5列目の半ば辺りまで来たところでした。
突然畝立て機のロータリーが止まって動かない!
もう何が何だか分からないという状態で、それ以後の畝立て作業はストップしてしまったのであります。

こうなると、畝立て機が修理から帰って来るまで、出来上がっただけの畝に一人ポツンとにんにくを植え付るほかないのであります。
残りの畝立ては、雨が降ったらまたトラクターからやり直し。
楽しい農作業も、この雨には・・・・・。



畝立て途中に機械の故障が発生・・・

2022年9月16日 2022年度生産レポート開始

目次へ戻る

今年から、南国市新圃場。
2022年度のにんにく生産レポートの開始です。



9月半ばというのに、日中の気温は34度・・・。

例年この生産レポートは、8月下旬頃にスタートするのですが、今年は遅れてスタートしています。
圃場を拡大したので、肥料を撒くのにも結構時間が掛かります。

この週末の台風(14号)が過ぎ去ってから、天気を窺いながら元肥を打ち込んで、畝を立てていきます。
種の準備も急がなくては・・・、残り150キロあまり。忙しい~~!

農園便り

農園便り

こんにちは!にんにく好きの店主です。
私の作った土佐の高知のにんにくを食べて元気にお過ごしください!


店長日記はこちら >>

当店では月に一度メールマガジン【にこマガ】を配信しております。農園や地域のことから、お得な新着情報まで幅広くお知らせしています。
ご希望の方は下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祭日

お問合せは、TEL・FAX・MAILで受付けております。お気軽にお問合せください。
TEL:088-860-7025
(平日9:00~17:00)
FAX:088-860-7025
(24時間受付OK)

MAIL:
office@niconico-farm.com





味の素Park

ページトップへ